三早電設で太陽光発電を!

三早のポリシー

FrontPage

画像の説明

三早電設の工事は常に真剣勝負です。

三早電設の太陽光発電のこだわり。

●下穴作業の必需品として
 三早電設では掃除機を使います。穴内部の穿孔くずをしっかり吸い込みます。
くずが残っていると、シーリングが奥まで入っていかないからです。
ですので、下穴を開ける人、掃除機でくずを吸い込む人、シーリングを充填する人に分かれて作業します。

●三早で太陽光の工事をされたお客様へのプレゼント工事中の写真を御希望のお客様にプレゼントします。
屋根の上での作業をお客様は見ることが出来ません。
三早電設では作業中の写真を撮り、御希望のお客様にプレゼントしてます。
公共工事では工事写真を常に撮り、作業を進めています。
そして検査の際、工事写真をアルバムにまとめ、提出します。
公共工事で培った経験を住宅用太陽光発電にも生かしてます。
太陽光の工事写真を受け取ったお客様に喜んで頂き、有難い思いとなります。

●築年数が古い家に太陽光を設置をお考えのお客様へ
 例えば、あるお客様は「築17年だから、太陽光の15年ローンは現実的ではない。10年で減価償却と言っても・・・」と言ってました。現実的な御判断をされていると思われます。
 
 ここで僭越ながら弊社の考えを述べさせて頂きます。
 考えの軸となるのが、「家ではなく、お客様の人生である」という事を思います。
  「家を建て直すか?それともリフォームするか?」、この御判断はいずれしなければならないと思います。

 ただいずれに致しましても、光熱費は生涯支払わなければならない、言わば「生涯ローン」です。
 その「生涯ローン」を長い目で見た時、大幅に削減できる、「太陽光とオール電化」を前向きに御検討された方がよろしいかと思います。

 そして同時に御自宅の事を検討されたらいかがでしょうか?
 弊社は、一級建築士や工務店、またリフォーム会社と長年の付き合いがあります。それらの会社は、耐震診断やリフォームの御見積りは無料で行っています。もちろん紹介料は無料です。

 弊社と致しましては、ただ「太陽光を売りたいから」ではなく、僭越ながらお客様の人生を考え、最善のプランを一緒に考えさせて頂きたいと思っております。

 太陽光はひとまず保留にされても構いません。耐震診断やリフォーム等で気になる事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
 お客様にとって、これからも安心で楽しい人生が送れます事を願っております。

●三早電設の住宅用太陽光発電は完全自社責任施工です。 同業他社様の中には、太陽光の販売会社・屋根工事会社・電気工事会社が協力して行う体制を取っているケースがございます。
 この場合、業者間で中間マージンが発生します。

 三早電設では、販売・屋根・電気工事を全て一貫して自社で行います。
 高額商品である太陽光をより安く・適正で安心な価格で御提供したいと思い、中間マージンを排除し、また経費削減にも取り組んでおります。

 また弊社は二十年来、電気工事業を行っており、その実績で他社様より安く納品ができます。

 屋根工事に関しては、アンテナ工事や電気工事における高所作業の経験が活かされてます。
 屋根に素人が登るのは危険ですし、ビビりながらの作業では良い工事が出来ません。
 また施工マニュアルを随時確認し、屋根作業を円滑に進めます。
 弊社の社員も最初、瓦を外すのに四苦八苦しておりましたが、今では手慣れてきました。
 屋根専門の職人に負けない思い、情熱込めて工事を行っております。

●三早電設の工事は常に真剣勝負です。
 特に住宅用太陽光発電工事に関しては、本当に真剣にやってます。
 屋根上での作業のため、一歩間違えば転落や落下事故につながるからです。
 また大事なお客様の事を思えば、いい加減な工事は出来ません。数ある太陽光業者の中で、三早電設を選んで下さったお客様に全力でお応えします。
 ですので時には作業中、怒鳴り声が響きます。危険な作業をしそうな時、またいい加減な作業を戒めるからです。
 真剣勝負とは、切ったり切られたりする中に決着がつくというのではなく、一回勝負です。
 いい加減な工事をして「もう一回やり直そう」など、できるわけがありません。
 常に熱い思いで作業をしています。

●原子力発電の代替エネルギーの一つとして、太陽光発電を推進してます。
 もともと私達は、原子力発電には否定的考えをもっております。
 そして今回の東日本大震災により、原発がいかに地震に弱いものなのかよくわかりました。
このような危険な原発が日本列島には実に54基も林立しております。

 私達は、原発を廃止すべきではないかと考えております。 今後、首都圏直下地震、東海地震、東南海地震、南海地震等が近い将来起こるであろうと
言われています。

 地震や自然災害に対して弱い、原発の危険性を目の前にした今、原発に替わる代替エネルギーとして、当面は液化天然ガスによる火力発電で、そして太陽光・地熱・水力・風力等の自然エネルギーで賄うべきであると考えます。 (株)三早電設は本業である公共工事等の電気工事から、自然エネルギーで賄うことの一つの手段として、太陽光発電工事に本気で取り組んでまいりました。今こそ、100年先の日本、そして地球のことを真剣に考えなければならない時ではないでしょうか。

●三早電設の住宅用太陽光発電システムの取り扱いメーカーについて
 一番最初に施工IDを取得したのが三菱電機です。
 三菱製は「4重防水処理」や「信頼性の高い垂木固定方式」等に工事する側として、非常に安心できると思ったからです。また三菱電機の営業所も弊社から車で20分ぐらいの所にあり、三菱の営業マンに来てもらったりしてました。
 
 その後、お客様がモジュールの公称最大出力に着目されている事、すなわち200Wよりは210W、210Wよりは230Wを望まれている声を多くお聞きし、各社の施工IDを取得するようになりました。
 パナソニックを始め、長州産業、東芝、フジプレアム、カナディアン・ソーラー、サンテック等々です。

 そして多くのお客様と接する中、「太陽光は設置したいけど、屋根が狭い」、もしくは「予算が厳しい」との声をお聞きし、シャープの施工IDも取得致しました。
 
 各メーカーのシステムにはそれぞれよく見ると特長があります。
 お客様の御要望、御予算、屋根の形状等々を確認させて頂き、それぞれのお客様にあったメーカーのシステムを御提案させて頂きます。

1.無料点検を行い、万全のアフターメンテナンスを目指します。
2.太陽光発電取り扱いメーカーについて
3.三早電設の営業マンは工事がわかる。
4.工事は完全自社責任施工です。

1.無料点検を行い、万全のアフターメンテナンスを目指します。
 弊社は「売りっぱなし」や「工事をしたら終わり」とは考えていません。設置工事を終えてからが大事だと思っております。
 新車を購入する金額と同等か、それ以上の金額を出して太陽光発電の設置業者に弊社を選んで下さったお客様へ工事はもちろんの事、設置工事後も誠心誠意、御対応させて頂きます。

 以下、「太陽光発電システムの不具合事例ファイル(加藤和彦:著) 日刊工業社刊」 より抜粋。
 「太陽光発電システムはずいぶん昔から「メンテナンス・フリー」と言われてきました。しかし、現実の太陽光電池モジュールは、間近に見ることができない屋根の上という過酷な屋外環境で音もなく長期間にわたって発電しており、また気象状況によって発電量が時々刻々と変わっていきますので、発電性能の良否を判断することが極めて困難です。 しかも、住宅用太陽光発電システムの保安責任は法的にはメーカーや施工業者ではなくユーザーにありますので、性能面・保安面での適正な定期点検も十分になされていないのが実情です」
 三早電設は、上記の内容を踏まえ、無料定期点検を行っております。点検回数は制限がございます。
 昨年の東日本大震災の時は、点検回数には関係なく、お客様宅に訪問したり、電話で御無事を確認させて頂きました。

 お客様がお困りの時はすぐに駆けつける体制を取っております。
ですので、弊社の太陽光発電工事の対応可能エリアと致しましては、片道3時間以内と決めております。
 遠方のお客様は申し訳ありませんが、お断りさせて頂いております。
 千葉県松戸市を中心に、千葉・東京・埼玉・茨城を、三早電設の工事対応エリアとしております。

2.太陽光発電取り扱いメーカーについて
 三早電設におきましては、複数のメーカーで御提案をさせて頂いております。
 各メーカーそれぞれ特徴があり、お客様のニーズにあった商品を御相談のうえ、一緒にぴったりの商品をチョイスし、ご納得のいくお値段で提供させて頂きます。

●弊社取扱いメーカー
 パナソニック、三菱電機、東芝、長州産業、サンテックパワー、カナディアンソーラー等々。
 全社の施工IDを取得しておりますので、メーカー推奨の施工方法で確実に設置させて頂きます。メーカー保証も勿論つきます。
 メーカーに施工方法や設計の確認をしっかり行い、メーカーと一体になった工事をなしてまいります。
 またパナソニックや三菱電機の営業マンが、弊社に来たり、一緒に現場調査をしたりしております。
 自己流の工事ではなく、メーカーが作成した施工マニュアルを常に確認して工事を進めています。
 お客様に最高の施工品質を提供するため、「わかってるつもり」ではなく、常にマニュアルを意識し、マニュアル以上の工事を成してまいります。
 3.三早電設の営業マンは工事がわかる。
 お客様が営業マンと打ち合わせをしても、実際に工事をする時、その打ち合わせと違っていたら、とまどいを感じられると思います。
 三早電設の営業マンは全員が工事を把握しております。
 ですので、打ち合わせの行き違いや二度手間をなくし、スムーズに工事を進めていきます。
 お客様の御希望を工事部にしっかり伝えます。
 工事がわかる営業マンだからこそ、お客様との打ち合わせ時、工事を想定して話をさせて頂きます。
 もし、即答できない御質問に関しては、会社に持ち帰り、メールや電話等で早めに御返答をさせて頂きます。

 また弊社は「日本PVプランナー育成協会会員」です。
 お客様により良い営業・工事を目指し、常に向上心を持ち、勉強し続けてまいります。
 三菱電機住環境システムの「オール電化コンプライアンス講座」を受講してます。
 お客様へ真心込めて対応させて頂きます。
 お客様の御希望や素朴な疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
 迅速対応・お客様の立場に立って、お話をさせて頂きます。

4.工事は完全自社責任施工です。
 三早電設は、太陽光発電・オール電化工事に関しては、完全自社責任施工です。
 電気設備工事に関しては、下請や外注と共に工事を致しますが、  太陽光発電・オール電化は、電気工事も含めて、下請や外注に出す事は致しません。
 お客様へ誠心誠意、自社で責任を持ち、工事を させて頂きます。
 他社様では、「半日で太陽光発電工事を終えた」と自慢げに話す方がいらっしゃいます。確かにすごいとは思います。
 しかし三早電設の工事の方針は、「他社様とは工事の早さを競うのではなく、お客様の満足度を競いたい」と決めております。
 ですので、工事日数としては2~4日かけて、丁寧な工事をなしております。

 弊社は、パナソニック電工(株)の「オール電化エキスパート工事店」 (登録番号:371-1400)です。

 特に住宅用太陽光発電工事に関しては、本当に真剣にやってます。 屋根上での作業のため、一歩間違えば転落や落下事故につながるからです。
 また大事なお客様の事を思えばいい加減な工事は出来ません。数ある太陽光業者の中で、三早電設を選んで下さったお客様に全力でお応えします。
 ですので時には作業中、怒鳴り声が響きます。危険な作業をしそうな時、いい加減な作業を戒めるからです。
 真剣勝負とは、切ったり切られたりする中に決着がつくというのではなく、一回勝負です。
 いい加減な工事をして「もう一回やり直そう」など、できるわけがありません。
 常に熱い思いで作業をしています。

三早電設の住宅用太陽光発電工事は、完全自社責任施工です。

同業他社様の中には、太陽光の販売会社・屋根工事会社・電気工事会社が協力して行う体制を取っているケースがございます。
 この場合、業者間で中間マージンが発生します。

 三早電設では、販売・屋根・電気工事を全て一貫して自社で行います。
 高額商品である太陽光をより安く・適正で安心な価格で御提供したいと思い、中間マージンを排除し、また経費削減にも取り組んでおります。 
 また弊社は二十年来、電気工事業を行っており、その実績で他社様より安く納品ができます。

 屋根工事に関しては、アンテナ工事や電気工事における高所作業の経験が活かされてます。
 屋根に素人が登るのは危険ですし、ビビりながらの作業では良い工事が出来ません。
 また施工マニュアルを随時確認し、屋根作業を円滑に進めます。
 弊社の社員も最初、瓦を外すのに四苦八苦しておりましたが、今では手慣れてきました。
 屋根専門の職人に負けない思い、情熱込めて工事を行っております。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional