三早電設で太陽光発電を!

太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット

発電量が天気によって変化します。

 晴れの日はもちろんしっかりと発電してくれるのですが、曇りの日には発電量が多少下がり、雨・雪の日にはほとんど発電しません。
(不足分の電力は、通常通り電力会社から買うシステムです。)

パワーコンディショナの部品交換が必要です。

 太陽光モジュールの寿命は20年~30年と言われ、可動部分がほとんどないのですが、その中で、1番負荷がかかるパワーコンディショナは、コンデンサー等の内部部品が7年~10年で取替え、もしくは修理(7万円程度)が必要となることが考えられます。





他には᠁᠁᠁思いつきません。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional